為替介入(外国為替市場介入)というものを知っていますか?日本銀行が為替の介入をして新聞、テレビのニュースインターネット等のニュースで目にした人もいると思います。ハーブガーデンシャンプー

為替介入(外国為替平衡操作)というものは我が国では、◯大臣(財務大臣)円の相場の安定性を実現させるために実施するやり方として考えられています。

わかりやすく言えば、激しい円高もしくは円安が発生すると財務大臣の指図によって日本銀行が日本円の売り買いをして円相場の安定性を狙う、ということです。

外国為替市場介入(為替介入)は種類があります。

1.単独介入・・・行政や日銀が、東京での市場において積極的に市場に参加し為替の介入をする。

2.協調介入・・・銀行などが相談し、各通貨当局の持っているお金を用いてみんなそろってもしくは続けて為替介入を実行する。

3.委託介入・・・異国の銀行などに為替の介入を任せる。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の銀行などに代えて外国為替平衡操作(為替介入)をする。

このような種類です。

どの種類の為替介入(外国為替平衡操作)も短期に、または継続的に為替に大きな影響力を与えるのです。

為替介入(外国為替平衡操作)の額はさすが国の誇りをかけて行なうだけに段違いなのです。

円を基本に考えると、通常は数銭ごとに変化する為替レートが突然かなり変化をするのです。

投資家の方ならば一度は体験したと思うのですが、今まで順当に含み資産(あるいは含み損)が多くなっている持ち高をキープしていたのに、保持している保有高が決済したといった通達がFX業者の人間からEメールが届き・・・いくらくらい黒字になったのか(損したのかな)?と気にしつつ決済の報告を見たら、自らが想像していた内容とは正反対の内容となってしまい目が点になってしまうとのケースがあるのです。

為替の介入が行なわれた際によく聞く話なのです。

こういったことから為替介入が行なわれると為替の流れと逆の動向をします。

さらに変動する額の範囲は相当でかく変化するため気をつける必要があります。

Copyright © 2002 www.marlon-b.com All Rights Reserved.